『全ての人に、より心地よい』を 提案する

プロダクトチーム OPTIMIZER

AirTagにも対応したスマートタグ専用の隠し収納ポケットを搭載

【 見つける財布 】
BOOSTER (CAMPFIRE運営)にて

4月26日(TUE)より先行販売開始!

なくしものを探す際に便利なスマートタグが広がってきた昨今。

財布にもスマートタグを収納して「見つける」時代へ。

AirTagなど各社対応のスマートタグ専用のポケットを収納できる隠しポケット構造を実現化。

 

財布自体の機能を損なわず、スマートタグも収納できる構造で最大限の収納を確保。

 

スマートタグ(AirTag)が収納できるミニ財布

※本プロジェクトのリターンにスマートタグ本体は含まれておりません。

お手持ちのスマートタグをご用意ください。

収納できるサイズは(縦35mm×横35mm×厚さ8mm)以内です。

img2-11945.jpg
img3-zennkaiFIX.png

ミニ財布の収納や使いやすさにも改良を重ねこだわりました!

img4-重なり7.jpg
img5-11999 サイズ.jpg

スマートな財布が重宝される時代に合わせてタグの収納スペースを確保しながら無駄を省いたスリムでコンパクトなサイズに仕上げました。

▼こちらの動画で収納力を実際にご覧いただけます▼

▼YouTube 紹介動画はコチラ▼

紙幣10枚、小銭15枚、カード8枚、鍵、

スマートタグ、領収書が収納できます。

※お財布の形を奇麗に保てる最適の収納量です。

プロジェクトの詳細

・プロジェクト発足のきっかけ

貴重品が詰まった財布を落とした経験を持つ方々に心からおススメしたい。

財布を落としてしまった時の焦りと、絶望感は今でも記憶に残っています。

スマートタグが普及し、さらにはAirTagの登場で探し物を見つけられるスマートタグの認知度が高まった昨今ですが、お財布に入れる場所に困っていませんか?

私自身スマートタグを購入したものの、小銭を使い際に邪魔になったり、スマートタグが傷ついたりと一緒に入れる事に抵抗がありました。

その葛藤から自分が本当に購入したいと思える財布を作ろうとこのプロジェクトを立ち上げました。

見つける探せる安心感

img6-11927ぼかし.jpg
img7-12017ZM.jpg

今回デビューした新ブランド【OPTIMIZER】オプティマイザーでは

AirTag・Tile・MAMORIOなどのスマートタグに対応した

隠しポケット構造のタグ収納スペースを標準装備。

財布の構造を一から考え試行錯誤し、他の物を犠牲にせずにタグを収納する財布を考えました。

近い将来お財布にスマートタグを入れる事がもっと広がり、万が一の時にも場所を特定できる財布が普及する事を願っております。

Q.スマートタグって何?

A.スマートフォンなどの親機と通信して貴重品などの位置を知らせるアイテムです

IoTと呼ばれるモノとインターネットとつながる技術を利用した製品で、紛失防止タグ・セキュリティタグとも呼ばれています。

現在の位置を表示したり、スマートフォンから遠隔で音を鳴らす事が出来るなど、非常に便利な商品です。

img8-11923.jpg

※本プロジェクトのリターンにスマートタグは含まれておりません。

収納できるスマートタグのサイズは(縦35mm×横35mm×厚さ8mm)以内です。

※スマートタグの詳細は各社ホームページにてご確認ください。

推奨品 ・MAMORIO /・AirTag/・ Tile Mate

隠しポケット構造

img9-12017ZM.jpg

本製品の一番の特徴であるスマートタグポケット

小銭ポケット部のマチを引き出すことで隠しポケットの入り口が出てくる仕様で設計。

 

悪意のある人に拾われても気づかれにくく、あえて取り出しにくい設計にすることでスマートタグを取り除き捨てられるリスクを軽減します。

GIF1-最終.gif

収納力

▼背面カードポケット▼

img10-mozaicic.png

ICカードや駐車券を収納

ICカードはもちろん、駐車券や新幹線のチケット入れとして重宝します。

▼内部ポケット1

img11-12006zm.jpg
GIF2-内部ポケット.gif

手前に引いてサッと出し入れ

6枚収納が可能なカードポケットはカードを手前にスライドする事でスムーズに取り出しができます。

銀行カードやクレジットカードなど出し入れの多いカードを想定した設計

 

▼内部ポケット2▼

img12-12008zm.jpg

反対側のカードポケットは身分証や保険証など、

お財布に入れておくが比較的出し入れの少ないカードを想定し設計

▼小銭スペース▼

img13-12010ZM.jpg

見やすくつまみやすい浅型の小銭ポケット(500円玉も隠れる深さ31.5mm)

▼鍵ポケット▼

img14-12014zm.jpg

小銭ポケット下部には鍵も収納できるポケット

▼大きなマチで見やすく大容量▼

img15-12022zm.jpg

最大約9cmと大きく開くマチで中身が見やすく取りだしやすい設計

change0.png
2022-03-06_11-15-34_927 (1).jpg
image6272.png
S__131489803.png

デニムのポケットやスーツのポケットにも入るコンパクト設計

booster.jpg
button.png

日本の財布職人が手掛ける確かな技術

img19-11951.jpg

今回使用する皮革はOPTIMIZERの財布のために別注したオリジナルレザーです。

東京で半世紀以上に渡って皮革の製造をしている数少ない現場とタッグを組んで作り上げた植物タンニンなめしのヌメ革を素材として、皮革染色・仕上げ加工を施し、既製品にはない当社のためのオリジナル加工を施したオイルワックスレザーを表面革に使用。

アンティークな風合いを感じられる逸品です

・職人の技術と財布づくりの3つのこだわり

その1 なめし職人

GIF3-S__128516109.gif

皮革染色では自動スプレー、手拭きスプレー、最後に手作業で色の微調整を行い理想の色風合いに仕上げていきます。

このヌメ革は人類史上古来から伝わる自然に優しいなめし方で、環境問題が注目される昨今、その価値を生かして仕上げております。

使い込んだ革の素晴らしさは、育てた人だけが分かる喜びでもあります。

* 牛革 植物タンニンなめし ワックス加工 アリニン(染料)仕上げ

*タンニンなめし革の経年変化「ゆっくりと成長する革」が楽しめます

その2 革漉き職人

kawasuki.jpg

熟練の革漉き職人がコンマ単位で厚みを調整し

心材を使わず革のみでしっかりとした財布としての形状を保ちながら

薄くて軽い財布に仕上げました。

 

その3 縫製職人

img22-3E0D89069-E305-4F02-A55B-6691B9153E5E.jpg

昭和の時代から続く皮革製品の製作所にて縫製を専門にする職人が1つ1つ丁寧に型を起しミシン縫製へとつないでいきます。

​必要なものがしっかり入る容量を確保しながら無駄を省いた設計で薄さも意識しながら試行錯誤して今回の財布の形に仕上げました。

【特別仕様モデルについて】

今回、特別仕様モデルとして

YKKの金属ファスナーの中でも高級で美しく、クオリティの高いファスナー

エクセラを使用したモデルも同時に販売させていただきます。

見た目の美しさだけでなく、ファスナーを開閉する際の滑らかさにもこだわったファスナーです。数量限定にてご用意しておりますので、ぜひこちらの商品もご検討お願いいたします。

img21-g4142.png

※YKK社 エクセラ3号SGYP使用、ファスナーテープは各財布のカラーと同系色を使用。

エクセラファスナーを使用モデルは価格が異なります。詳しくはリターンページにてご確認ください。

リターンについて

革本来の風合いをいかした5色展開

img23-11945.jpg

リターンは、OPTIMIZERの完成品をお届けします。

お好きな色をお選びいただけます。

裏地はすべてのカラーで無染色のヌメ革を使用しております。

​※革の染色は手作業で行っているため、

革質、厚みによって染色の度合いが変わり、色の違いが生じます。

▼フォレストグリーン(新色)▼

forestgreenkawa.png
frestgreen2trim.jpg

▼ブラック▼

img24-11955.jpg
img25-11985.jpg

▼ダークブラウン▼

img28-11953.jpg
img29-11983.jpg

▼ブラウン▼

change1.JPG
change2.jpg

▼インディゴネイビー

change3.jpg
change4.jpg

専用の貼箱に入れてお届けいたします。

2022 年 4 月 23日 Makuakeにてプロジェクト先行販売開始

2022 年 5月初旬頃より製作開始

2022 年 6月 12日 プロジェクト終了

2022 年 7月初旬頃~順次発送開始

※初月の製作数、およそ100〜200

(色や組み合わせにより発送順が多少前後する場合もございます)

発送完了時期 リターンページに記載

あとがき

最後まで目を通してくださりありがとうございます。

手前みそではございますが、試作品を実際に使用した私の感想として本当に使い易いお財布に仕上がったのではないかと感じております。

既に各社のスマートタグ専用のお財布が登場しておりますが、専用ではなく、汎用性のあるタグポケットにすることでタグは持っているけど違う財布に買い替えたい方。

各社のスマートタグにも特徴があり迷っている方にもこの財布を選択肢として検討する事ができます。

私自身も3種類の良さを知り、どの製品を使おうか悩んでおります。

実際どのスマートタグ製品もおススメですし、お持ちのスマートフォンや価格でお選びいただいても後悔はしないくらいスマートタグはとても便利な製品です。

キャッシュレスが進む中でもお財布や現金が必要になる事もまだまだございますし、スマホだけではカードが入りきらない事も多々ございます。

財布の製造を専門とする職人さんと、このプロジェクトを進める中で彼らの豊富な知識と確かな技術、財布への愛情を受けて、私はこれからもお財布が世の中とともに進化して行くこと、職人の技術が後世につながって行く事を願っております。

cf_logo_pr_vertical.png
button.png